妻が夫と離婚をしたいと言って別居した時の対応

熟年離婚といわれる言葉があります。
夫婦といえば仲が良いイメージがあります。
外で働く夫を妻が家で支えて、老後も仲良く暮らすかと考えがちです。
夫はといえば、仕事中心なので、なかなか家の問題には関わりません。
そのため、妻が家の中のややこしい問題に対応します。
喧嘩をしても、夫側が強くいうことから妻が折れることがあります。
子供などがいれば、妻としては何とか子供に迷惑をかけたくないと考えます。
そして間もなく夫が退職ともなれば退職金を受けます。
それを分けてもらって離婚ができればと考える人もいるようです。
いきなり離婚は難しいので、その前に別居をし、夫婦関係が破断していることを示す場合があります。
夫側として、法律上別居している妻に対して扶養義務が生じるかどうかです。
妻が勝手に出て行ったからと義務はないと主張する人がいます。
別居をしていても夫婦関係がある限りには扶養義務があります。
ですから婚姻費用を払う必要が出てきます。