養育費を払ってもらえないときにどうすればいいか

離婚をすると、夫婦のどちらかに親権が渡ります。
親権と聞くと親の権利で、親権が得られないと親で無くなるのではと考える人もいます。
親子関係は、基本的には崩れません。
特定養子縁組だと、親子関係は無くなりますが、それ以外で親子関係がなくなることはありません。
ただ、未成年の子が成人になるまでは、責任をもって育てる人が必要です。
親権者になると、その人が日常生活の世話をしながら育てます。
法律で決まっているわけではありませんが、裁判などになると母親に親権が行くケースが多くなります。
今は母親も共働きをしているので、比較的安定した収入が得られるケースもありますが、子供の教育費などは心配です。
父親側は、育てなくても養育費を支給する義務を持っています。
養育費に関しては、一定の相場があり、父親の収入などを勘案して決めていきます。
もし払われなくなれば、将来的には資産の差し押さえなどを行うことも可能です。
ただ、すぐに行えるわけではありません。