離婚による財産分与はどこまで対象になるか

離婚は決してうれしくはありません。
ただ、お互い話し合って新しい人生を進むことを願うなら、行った方がいいこともあります。
若くて子供もいなければ、話し合いもしやすいかもしれません。
離婚の時に出てくる話として財産分与があります。
法律上は、それぞれの財産として、婚姻前の財産、婚姻後の財産などがあります。
婚姻後に夫婦で築いた財産を分けるのが財産分与です。
妻が専業主婦で夫が働いているとき、夫のみに財産が積みあがる場合があるでしょう。
住宅の名義が夫になるときも、夫にすべての資産があるように感じます。
どんなお金で購入したかによりますが、婚姻時代に夫が稼いだお金は、基本的には夫婦で築いたお金とされます。
不動産なども分割する対象になる可能性があります。
夫が将来受ける退職金はどうなるかですが、すべてが対象になるわけではありません。
ただ、定年が間近にあり金額もある程度分かっているときは、まだ受けていなくても財産分与になる可能性があります。